フードマイレージとは?食料の輸送が環境に与える影響について

フードマイレージとは?

食料の輸送にはエネルギーを大量に消費し、環境に大きな負荷を与えます。

その環境に与える負荷を数値化したのが『フードマイレージ』です。

フードマイレージの計算方法

計算方法は食料の重さ[t(トン)]と距離[km(キロメール)]を掛け合わせます。

単位は『トンkm』です。

例えば、1000トンの食料を10km運ぶと1億トンkmになります。

フードマイレージが高いと何が問題?

フードマイレージが高いということは、多くの食料を輸入しているということになります。

輸送距離が長ければ長いほど、エネルギーを消費しますし、万が一、輸送ルートが使用不可になった際には、食料の確保が難しくなります。

フードマイレージを下げるには地産地消を心掛けた生活を送る

フードマイレージを下げるには、国産のもの、地域で育った野菜・果物を食べることです。

地域の直売所などで購入し、地産地消を心掛けた生活を送るのが大切だと感じています。

まとめ

環境に良い食事をしたいと思っても、何から始めればよいかわからなくなる方もいるはずです。

そんな時は、フードマイレージを思い出し地球環境に良い食品を選ぶことから初めて行くのが良いと感じています。

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。