タイ人シェフが創る本格タイ料理!横浜の『OCHABAR CAFE(オチャバーカフェ)』に行ってきた。

Googleマップでランチ場所を探している時に発見したOCHABAR CAFE(オチャバー カフェ)。

横浜駅から徒歩5分ほどの場所にあり、近くにはビブレやドン・キホーテがあります。

タイ人シェフが創る本格タイ料理のお店で、口コミ評価も4以上の高評価。

どんなお店か気になったので、行ってきました!

OCHABAR CAFE(オチャバー カフェ)とは?

2020年10月30日にオープンしたタイ料理屋OCHABAR CAFE(オチャバー カフェ)。

『OCHA(オチャ)』はタイ語。日本語で、「美味しい」という意味です。

横浜のパルナード通りにあるビルの4階に店舗があります。

まだオープンしてから半年ほどで、店内はとてもきれいです。

アジアンテイストな内装も、良い雰囲気を出しています。

テイクアウトも行っているので、店内は割と空いていると感じました。

本格タイ料理が楽しめる。

通常メニュー

通常メニューは単品料理が中心。
タイ語と日本語、両方で料理名が書かれています。

タイのビールも置いてあり、現地の味を気軽に楽しめます。

ランチメニュー

店内でのランチメニューは1000円から。
サラダ・デザート・コーヒー付きでゆっくりランチには丁度よさそう。

ランチだけで17種類もありメニューも豊富。
写真の上に『唐辛子のマーク』があり、辛さもわかりやすい。

辛いものが苦手な方も安心ですね。

ランチメニューの『豚肉とあっさりスープのタイヌードル』を食べてきた!

クワイティアオ・ナム(豚肉とあっさりスープのタイヌードル) 1180円

ランチセットの『クワイティアオ・ナム』をオーダー。
豚肉を使ったあっさりスープのタイヌードル。

デザートにサラダも一緒にきました。

タイ料理だけど辛味はなく、あっさりスープで旨味もあり。

具材のお肉や野菜も美味しい。

麺は、米粉を使った平たい麺。
小麦粉の麺とは違った、モチモチ食感。

あっさりスープとの相性も非常に良いです!

調味料もいろいろあるので、せっかくだから使って見ないともったいない(笑)。

ナンプラーに唐辛子とガーリックが入った、スパイシーな調味料がタイ風ラーメンにピッタリ!

塩味から、ピリッと辛い醤油味に変わるので味変におすすめです!

サラダに、

デザートもついて、

最後に、アイスコーヒーを飲んで満足のランチを楽しめました!

まとめ

料理の味も美味しく、店内もきれいで接客も良く、落ち着いて食事をすることができました。

タイ人シェフが創る本格タイ料理のお店が横浜にできたのは、非常に嬉しいです。

また利用したいと感じた『OCHABAR CAFE(オチャバー カフェ)』でした!

■OCHABAR CAFE(オチャバー カフェ)について

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。