さすがダイソー!『ご飯一合炊き』は、電子レンジで炊きたてご飯が作れる便利アイテム!

ダイソーの電子レンジ調理器『ご飯一合炊き』。
電子レンジだけでご飯が炊ける便利アイテムが110円で購入可能。
実際に使ってみたレビューを紹介します。

DAISO電子レンジ調理器『ご飯一合炊き』とは?

ダイソーの『ご飯一合炊き』は、電子レンジでご飯が炊ける便利アイテム。

お値段も110円とリーズナブル。

パーツは全部で3つ。
内フタが付いているのが、いかにも炊飯用という感じがします。

取扱説明書も付属。
電子レンジでの加熱時間なども書いてあるので無くさないように保管しておくのが安心です。

実際にご飯を炊いてみた。

米を研ぐ

まずは、炊く前に米を研ぎます。

内フタが水切りにも使用でき、米を1粒も無駄にしません。

しっかりと、水切りをしてから規定量のお水を加えます。
1合炊きなので、水200ccを加えます。

内フタと外フタをシッカリ閉める

内フタをのせ、

外フタは、外れない様にロックが掛かる仕組み。
しっかりと外れないように閉じます。

後は、給水時間が必要なので30分ほど待ちます。
この給水時間を取らないと、芯が残ったような固めな仕上がりになってしまいます・・・

時間は掛かりますが、必要な工程ですね。

電子レンジで加熱する際は、受け皿必須!

加熱中に吹きこぼれたことがあるので、電子レンジで加熱する際は、受け皿があると安心。

受け皿が無くて吹きこぼれると、片付けが大変です・・・

加熱時間は、電子レンジのワット数で異なります。
説明書を参考に加熱時間を調整してください。

私の場合は600wで6分加熱。
加熱後20分蒸らし、一度混ぜ、10分蒸らして完成です。

電子レンジでも、ちゃんとご飯がたける!

けっこういい感じの炊きあがり、美味しそうにできました!

ご飯は、少し固めな炊きあがりですが、十分満足できる完成度。

1合炊きなので、1食分を作るのにはちょうどよい量。

1人暮らしなら、活躍できる機会も多くありそうなダイソーアイテムでした!

まとめ-便利だけど時間はそれなりに必要。

電子レンジでご飯が炊けるダイソーの『ご飯1合炊き』。

ダイソー以外で同じような製品を購入しようとすると、少なくても500円以上します。

私が知る限りでは、ダイソー製品が一番コスパが良いです。

ただ、上手にご飯を炊こうとすると、お米の給水時間や蒸らし時間などの工程を全て含めると、1時間以上は掛かってしまいます・・・

炊飯器が無くても、電子レンジでご飯が炊けるのは便利なので、ご自身のライフスタイル合わせて賢く使って見てください!

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。