干物の種類をチェック!干し方・開き方で違う干物の名前を確認してみよう!

日本人なら誰でも一度は食べたことがある干物。

  • アジの開き
  • スルメ
  • めざし
  • 煮干し

など様々な干物があります。

でも、干物の作り方によって、名前が違うのをご存知無い方も意外に多いのでは無いでしょうか?

ここでは、干し方・開き方で違う干物の名前を確認して行きます。

干物にすることで、保存性と味が良くなる!

そもそも、なぜ干物にするのでしょうか?

干物は、干して水分を減らすことで微生物の繁殖を抑え、保存性を高める昔からおこなわれている乾物の製法の一つ。

水分が抜けた分、旨みが凝縮され、干す前と比べると食味も変化し、味わい深くなります。

保存性と味が良くなり、アジの開きやスルメなど、ご飯のお供や酒のアテとして人気があります。

アジの開きや、スルメも同じ干物ですが、作りかたによって名前が異なります。

作りかたの違いと、呼び名を合わせて確認して行きましょう!

干物は作りかたの違いで名前が変わる!

素干し

原料をそのまま干し、乾燥させたのが『素干し』。
太陽光や風に当てて干して作ります。

タタミイワシ、海苔などがあります。

塩干し

塩を振りかける、または、塩水に付けてから干したものが『塩干し』

塩で保存性も高まり、風味も良くなります。

めざし、アジの開きなどは、塩干しで作られます。

焼干し

焼いてから干したものが『焼干し』。

煮干しとは違った風味があり良いダシがでます。

煮干し

煮てから干したものが『煮干し』。

一般的に煮干しと言うと、小魚の干物で作られた製品が多く流通しています。

ですが、煮てから干したものを煮干しと言うため、大きな魚でも、煮てから干せば煮干しとなります。

一夜干し

乾燥時間を一晩程度に抑えたものを、『一夜干し』と呼びます。

保存性の向上はあまり無いのですが、イカの一夜干しなどは、ソフトで生に近い食感があるため人気があります。

開き干し

魚の背や腹を開いて干したものが『開き干し』といいます。

早く乾燥させるため、また、天日干しの場合は太陽光に当たる面積を増やし、旨みを増やす目的もあります。

アジの開きなど、ある程度大きな魚は開き干しにされることが多いです。

丸干し

開き干しの反対に、魚を開かずそのまま干したものが『丸干し』です。

イワシの丸干しのことを『めざし』と呼び、意外に昔から親しまれている干物です。

まとめ

干物と言っても多くの作り方があり、それぞれ呼び名も異なります。

  • 塩干し
  • 焼干し
  • 煮干し

など、漢字からどんな作り方がされているのかイメージし易いです。

今度、干物を食べる際は、どんな風にその干物が作られてのかも想像してください。

きっと、食べるのが楽しくなり、食への関心も深まるはずです。

【参考文献】

■書籍

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。