ソーセージとウインナーの違いとは?あなたの知らないソーセージの世界。

『ソーセージ』と『ウインナー』。
どちらもよく名前を聞きますが、意外に違い説明できない方も多いのではないでしょうか?

ウインナーは、『ウインナーソーセージ』のことで、ソーセージの一種。

ソーセージは直径の大きさで呼び名が異なり、

  • ウインナーソーセージ
  • フランクフルトソーセージ
  • ボロニアソーセージ

と呼ばれます。

また、ソーセージには規格もあり、見た目や原材料によって、

  • 特級
  • 上級
  • 標準

3種類に分類されます。

この記事では、普段食べているけど、あまり知らないソーセージのことについて勉強していきます!

ソーセージとは?

ソーセージは、ひき肉に調味料と香辛料を混ぜ、ソーセージの皮となるケーシングに詰め込み、

  • 乾燥
  • 湯煮(スチーム)
  • 燻製(スモーク)

した加工肉の総称です。

本場のヨーロッパでは、日本よりも圧倒的に多くの種類ソーセージがあり、その種類の数は辞典が出来るほど。
また、国によってもソーセージの定義は様々です。

日本国内では、日本農林規格によって、ソーセージの大きさや、原材料として詰められるものによって規格が存在します。

そのため、この記事では、日本農林規格のソーセージ分類を参考にしています。

ソーセージは直径の大きさで名前が決まる!

ウインナーソーセージは、直径20mm未満

直径20mm未満が『ウインナーソーセージ』。

1本の長さは10cmほどで、私たちが日頃食べているソーセージのほとんどがこのサイズ。

オーストラリアのウイーンで最初に作られたので、この名前がついたと言われています。

スーパーマーケットなどで見かける朝食用のウインナーは、『ウインナーソーセージ』のことを省略して呼んでいます。

たまに、ぐるぐる巻のロングウインナーを見かけることがあります。
基本的に長さではなく、直径で呼び名が決まります。
そのため、どれだけ長さがあっても、直径が20mm未満なら『ウインナーソーセージ』となります。

フランクフルトソーセージは、直径20mm〜36mm未満

直径20mm〜36mm未満が『フランクフルトソーセージ』。

屋台で見かける棒が刺さった大きめサイズのソーセージや、ホットドッグ・アメリカンドッグなどに使用されているソーセージの多くもこのサイズです。

また、ドイツのフランクフルト地方で作られたソーセージを『フランクフルトソーセージ』と呼ぶこともあります。

しかし、国内に置いては大きさで分けられている為、直径20mm〜36mm未満を『フランクフルトソーセージ』と呼びます。

ボロニアソーセージは、直径36mm以上

直径36mm以上が『ボロニアソーセージ』。

イタリア中部のボロニア地方原産のソーセージで、ランチョンソーセージともいいます。

最も大きなサイズのソーセージでそのまま丸かじりすることは少なく、ハムみたいに薄切りにして食べられています。

ソーセージにもランクが存在する。

ソーセージは外面や原材料に関しても規格があります。

主に、使用されている原材料に関して定められており、

  • 特級
  • 上級
  • 標準

の3段階に分類されます。

特級

一番ランクが高いソーセージが特級。

豚肉もしくは牛肉を原材料とし、調味料と香辛料のみで出来た見た目も美しく整ったソーセージ。

結着材料(一般的につなぎのこと)は不使用で余分な混ぜものが入っていないのが特徴的です。

上級

豚肉もしくは牛肉を原材料とし、調味料と香辛料を使用、そして、結着材料が5%以下なら上級となります。

標準

豚や牛、馬肉や羊肉などの畜肉で作られ、結着材料が10%未満のソーセージは、標準となります。

まとめ

ソーセージは直径の大きさによって、

  • ウインナー
  • フランクフルト
  • ボロニア

と呼び名が変わります。

また、原材料によってもランクがあり、

  • 特級は、牛肉または豚肉で、結着材料不使用。
  • 上級は、牛肉または豚肉で、結着材料が5%未満。
  • 標準は、牛肉・豚肉・馬肉・羊肉などが使用され、結着材料が10%未満。

と分類されます。

もし今後、『特級ウインナー』という記載の商品を見かけたら、これは牛肉または豚肉で出来た、結着材料のつなぎ不使用で直径20mm未満のソーセージだという事がわかりますね!

この記事で、ソーセージの事を少しでも知って貰えたのなら幸いです!

【参考文献】

■Webサイト

■書籍

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。