だし巻きたまごを卵1つで作る?レンジで簡単調理のダイソー便利キッチングッズを使ってみた!

電子レンジでチンするだけで、だし巻きたまごが作れるダイソーの便利アイテム。

あっという間にだし巻きたまごが作れて、たしかに便利だなと感じました。

この記事では、ダイソー『レンジで簡単 だし巻きたまご』のレビューをお届けします。

ダイソー『レンジで簡単 だし巻きたまご』とは?

ダイソーのキッチングッズコーナーで販売されていた『だし巻きたまご』がレンジで作れる便利アイテム。

お値段は110円です。

中には、黄色と透明容器の2つが入っています。

使い方が今ひとつピンとこないで、使用方法を確認。

透明容器に卵を入れ、電子レンジ温め、最後に黄色の容器を合わせ形を整えるらしい・・・

普段とは違う玉子焼きの作り方ですが、本当に便利か作って確認してみます!

卵1つでだし巻きたまごを作ってみた!

容器をしっかり洗ってから調理スタート。

卵を1つ割り入れて、

しっかり混ぜます。
まだ調味料は入れません。

レンジで40秒温めます。

卵の一部が固まり、全体がほんのり温かくなっています。

調味料や味付けはこの時におこないます。

目安として、顆粒だしは小さじ三分の一(1グラム)ほどです。

しっかりと混ぜ合わせてから、再度電子レンジで40秒加熱。

全体が固まり、卵がだいぶ膨らんだ印象。

この膨らんだたまごを黄色の容器で押し込み、だし巻きたまごの形にします。

黄色の容器と透明容器を固定して、1分ほど待ちます。

1分経過したら開け、

中をチェック。

確かに、それっぽい形に出来上がっています!

今回使用した卵はSサイズ。
そのため、ちょっとすき間が多くなったと思います。

Lサイズの卵を使用すれば、もっとキレイに仕上がると感じました。

形は置いといて、いざ実食。
食べてみると、ちゃんとだし巻きたまごっぽくなっています。

贅沢を言えば、ちょっと食感が固めかな・・・
もう少し、ふんわりしたほうが美味しいかも。

でも、加熱時間はトータルで80秒。
この短時間で、このクオリティなら文句は言えません!

まとめ

実際に、だし巻きたまごを作る際には油を使わないと焦げ付いてしまいます。

でも、レンジでチンなら油を使用しないで良く、ヘルシーで嬉しい。

お弁当にいれる玉子焼きを作る際に、大活躍するアイテムだと感じました!

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。