ラム肉とマトンの違いは?羊肉の種類や特徴について

ジンギスカンでよく食べられる羊肉。
ラム肉とマトンという言葉を聞いたことはあるけど、今ひとつ違いがわからない方もいるのではないでしょうか?

この記事では、ラム肉とマトンの違いとや羊肉の特徴について書いていきます。

ラム肉とマトンの違いは羊の年齢。

羊肉は生育期間によって、肉の呼び方が変わります。

ラム肉は生後1年未満の子羊の肉

生後1年未満の子羊の肉を『ラム肉』といいます。

色は淡いピンク色。
肉質はやわらかく、新鮮なラム肉は臭味もほとんどありません。

マトンは2歳以上の羊肉

マトンは2歳以上の羊肉のこと。

ラム肉よりもやや赤身のある色合い。
肉質は硬めで味わいの深さが特徴的。

風味が強く、クセがあるためジンギスカンやカレーなど、スパイスを利用した料理に用いられます。

ラムとマトンの間の肉は?

ラムは1歳未満の子羊で、マトンは2歳以上の羊肉。
その中間の羊肉は、

  • ホゲット
  • イヤリング
  • イヤリングラム

などの名称で呼ばれます。

ただ、国や地域によって羊肉の呼び方は様々で完全な正解はありません。

そのため日本での一般的な呼び名、

  • 子羊はラム肉
  • 成長した羊肉はマトン

と覚えておけば、スーパーでの買い物や飲食店で注文する際に困ることはありません。

羊肉の特徴は豊富な栄養素!

羊肉は高タンパク・低カロリー。
そして、ビタミンB2などのビタミン類に加えて、必須アミノ酸や鉄分・カルシウムなどのミネラルもバランス良く含まれています。

また、ラム肉は低コレステロールなのも特徴的。

トレーニングやダイエットをしている方にオススメのお肉です。

羊肉はスパイスや香草で食べのがGOOD!

ラム肉はニオイが少ないのですが、マトンは独特のニオイがあります。

そのため、ニオイを消すためにスパイスや香草で調理をするのが一般的です。

ジンギスカンも、羊肉をしっかりと専用のタレに漬け込みます。
味を染み込ませるのと同時に、ニオイ消しの意味もあります。

また、マトンカレーもスパイスで臭味を消して、羊肉の美味しさを味わえるようにしてあります。

まとめ

羊肉は生育期間によって呼び名が変わります。

  • 子羊はラム肉
  • 成長した羊肉はマトン

北海道では、ジンギスカンとして、またスーパーでも普通に販売されている羊肉。

この知識があなたの生活に役立てば幸いです。

【参考文献】

■書籍

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。