腸内細菌が性格にも影響している?腸内フローラを整える食生活のススメ

腸内フローラの研究が進み、腸内細菌が健康や性格にも影響を与えている可能性が出てきました。

腸内フローラが体に与える影響や、腸内細菌を整える食事についても解説しています。

腸内細菌についての基礎知識

腸内フローラとは?

腸内にある細菌のことを『腸内フローラ』と呼んでいます。
『フローラ』は『お花畑』を意味し、お花畑のように腸内でグループを作って細菌が生息しているため、『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。

ちなみに、腸内フローラの全体量は約1kg以上と言われています。
これは、脳や肝臓の重さに匹敵します。
腸が『第2の脳』と言われるのも、この事からもつながっているかも知れないですね。

腸内細菌は善玉・悪玉・日和見菌の3種類

腸内フローラにある細菌は大きく分けて3種類。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見(ひよりみ)菌

善玉菌

善玉菌は、腸内を健康な状態に保つために最も大切な細菌です。
善玉菌が少なくなると体調が崩れる原因になってしまいます。

悪玉菌

悪玉菌は名前の通り、体に悪い影響を及ぼす細菌です。
しかし、全く必要ないものではなく、悪玉菌がいるからこそ善玉菌が強くなります。
そのため、多すぎるのは良くないですが、体に必要な細菌です。

日和見(ひよりみ)菌

善玉菌でも、悪玉菌でもなく、普段はおとなしくしているのが日和見菌です。
ただ、健康状態が悪くなると、悪玉菌に変わる可能性があります。

腸内細菌のバランスが崩れると体調も崩れる

腸内細菌はどれも必要なもので、絶妙なバランスで腸内フローラに存在しています。
このバランスが崩れると、体調悪化に繋がります。

腸内フローラが改善すると性格も変わる?

腸内フローラを変えると性格も変化するかのマウス実験

腸内フローラが性格を決める研究結果があるので紹介します。
活発なマウスと、臆病なマウスの腸内フローラを入れ替え性格に影響が出るかの実験です。

まず、普通の環境で育てた活発マウスと臆病マウスから便を取り、活発フローラと臆病フローラを手に入れます。
そして、活発フローラを無菌の活発マウスと臆病マウスに移植すると、活発フローラを持つ活発マウスと、活発フローラを持つ臆病マウスが作れます。
臆病フローラも同じように、それぞれの無菌マウスに移植して、臆病フローラを持つ活発マウスと、臆病フローラを持つ臆病マウスを作ります。

実験で使うのは、
・活発フローラを持つ活発マウス C
・臆病フローラを持つ活発マウス D
・活発フローラを持つ臆病マウス E
・臆病フローラを持つ臆病マウス F
の4種類のマウスです。
このなかで、実験結果を比較するのは、CとDの活発マウス、そして、EとFの臆病マウスです。

引用元:NHKスペシャル取材班. やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.1054-1064). Kindle 版.

実験の結果は、マウスが台の上にとどまる時間で比較されました。
その結果、

  • 活発マウスに臆病フローラを入れると台にとどまる時間が増加
  • 臆病マウスに活発フローラを入れると台にとどまる時間が減少

この結果を見ると、腸内フローラが正確にも影響している可能性が高いことが伺えます。

腸内フローラを整えるために食物繊維を摂取しよう!

現代人の食生活では、食物繊維が足りていない

普段の食生活で、どれくらい食物繊維を取っているか意識したことはありますか?
現代人の食生活では、食物繊維は足りていません。

特に、柔らかい食べ物や甘いもが好きな方は要注意!
お菓子やファーストなどの、加工されている食品にはほとんど食物繊維が含まれていません。

野菜や果物をしっかり食べよう!

健康的な食生活を考えると、自然の食べ物、野菜や果物を積極的に食べるのがおすすめです。
また、白米ではなく玄米に切り替えたり、パンも全粒粉パンを食べるようにすると、食物繊維の摂取量が増えます。

市販の腸内フローラサプリには要注意!

最近だと、腸内フローラという言葉が流行りだし、サプリメントの販売なども見かけるようになりました。
ただ、そのように販売されているサプリの基本的な成分は『難消化性デキストリン』という成分の食物繊維です。
飲んでもすぐに痩せるようなことは無いので、買わない方がいいでしょう。

まとめ

腸内フローラを整えると、体調だけでなく、性格も変わる可能性があるのはとても面白い研究結果があるなと思いました。

もし、気持ちが沈んでしまっていたら、腸内フローラが整っていないため、悪玉菌が悪さをしている可能性があります。

食物繊維をしっかり取って、体調と腸内フローラを整えて行きましょう!

【参考文献】
■論文

■書籍

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。