まさかこんなに!シャトレーゼの『北海道産バターどらやき』の粒あんとバターのバランスが絶妙だった!

シャトレーゼBOOKの中で、和菓子部門1位に選ばれていた『北海道産バターどらやき』。

十勝産の小豆を使用した粒あんに、バターまで詰め込んだ贅沢な一品。

どんな味わいなのかを確認するために購入しました。

北海道産バターどらやきとは?

十勝産の小豆で作った粒あんに、北海道産バターに沖縄産の海水塩をいれた『北海道産バターどらやき』。

甘くクリーミーで、ほのかな塩味も効かせた志向のデザート。

シャトレーゼ人気ナンバーワンの和菓子が本当に美味しのか確認します。

たっぷりのバターと粒あんのベストマッチ!

ふわふわの生地に包まれたどら焼き。

中にはバターと粒あんが2層になっています。

バターは全体に入っていて想像以上にたっぷりな印象。

食べてみると、粒あんの甘さにバターの塩味が加わった濃厚な味に!

粒あんとバターのバランスも絶妙。
いくつも食べたくなる美味しさでした!

カロリーもたっぷり・・・

バターもたっぷりで美味しいけど、やっぱりカロリーもたっぷりですね・・・

小さなどら焼きで1個245キロカロリーもあります。

食べる際には、ゆっくりと、そしてじっくり味を楽しみましょう!

まとめ-これで120円は安い!

厳選された材料を使用し、粒あんとバターの絶妙なバランスで完成した『北海道産バターどらやき』。

これで1個120円は非常にオトクだと感じました。

シャトレーゼ和菓子部門で1位になったのも納得の味わいでした!

■関連記事もチェック!

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。