古代米はカラフルな米?赤米・黒米・緑米・香り米が古代米と呼ばれる理由とは

赤や紫などカラフルな米の存在を知っていますか?
赤米や黒米、また香り米と呼ばれる普段食べるのとは少し違う種類のお米たち。

これらは古代米と呼ばれ、米の原種の特徴を持っています。
この記事では、あまり知られていない古代米について解説していきます。

古代米とは?栄養や白米との違いについて

古代米(こだいまい)は、稲の原種の特徴を受け継いだ赤米や黒米のことを指します。

現在は、白米が主流です。
しかし、米の歴史をたどる、赤米や黒米と言った色が付いた米が稲の原種と言われています。

色がついた米は、

  • 有色米(ゆうしょくまい)
  • 色素米(しきそまい)

とも呼ばれます。

赤米も黒米も、色素が集中しているのは外側の部分。
そのため、精米すると色がほとんどなくなり白米に近づきます。

古代米として一般に販売されているものは、ほぼ精米せず玄米に近い状態で販売されています。
また、古代米もうるち米ともち米があるので、購入する際には表示をしっかり確認しましょう。

うるち米ともち米の違いについてはこちらの記事が役立ちます。

古代米の種類について

赤米(あかまい)

タンニン系の色素が多く含まれている赤米(あかまい)。
赤米の読み方は(あかごめ)とも読みます。

稲の野生種では赤米が最も多い。

赤飯と赤米を混同してしまうことがあります。

  • 赤飯(せきはん)は小豆と炊いたご飯
  • 赤米(あかまい)は赤い米

と、間違えないように気をつけましょう。

黒米(くろまい)

アントシアニンの色素が豊富な黒米。
黒米は、『くろまい』または、『くろごめ』と読みます。

黒い米ですが、白米と混ぜて炊くと、紫色に近い色になります。
そのため、

  • 紫米(むらさきまい)
  • 紫黒米(しこくまい)
  • 黒紫米(こくしまい)

と呼ばれることもあります。

緑米

古代米の中では生産量が赤米・黒米よりも少ない珍しい品種の緑米。

未成熟の米も緑色をしています。
しかし、それとは全くの別物で、クロロフィルという成分が多いため緑色をしています。

香り米

香り米は、その名の通り香りのある米のこと。
色は白く長細い形状の米。

古くから栽培されているため、香り米も古代米の一つとして考えられています。

古代米は美味しい?古代米を食べるなら雑穀米がおすすめ。

赤米にはタンニン、黒米にはアントシアニン系のポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールは渋み成分なので、普通の米と比較すると味の面では落ちます。

ただし、古代米は栄養や見た目がキレイというメリットもあります。
そのため、五穀米や雑穀米と言ったブレンド米の健康食として、広く食べられています。

また、海苔巻を作る際にも赤米や黒米が使われることもあります。
赤米や黒米で太巻き寿司を作ると、普段とは違う色合いになりアートな出来栄えになります。

まとめ

赤米や黒米は古代米と呼ばれ、私達が食べている米の祖先です。
『米は白いのが当たり前!』と言った考えを持っている方もいると思います。

そんな方にも、お米には様々な種類あることを知ってもらえたら幸いです。

【参考文献】

■書籍

■Webサイト

■関連記事もチェック

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。