昔ながらの中華食堂!八起(やおき)横浜店でランチを食べてきた。

横浜駅西口方面にある昔ながらの中華料理を提供している八起(やおき)。
ランチは1000円以内で食べられるメニューが中心で、素朴な味わいが美味しい中華食堂です。

この記事では、八起(やおき)でランチを食べた体験談をお伝えします。

八起(やおき)とは?

八起(やおき)は横浜駅から徒歩7分ほどの場所にある中華食堂です。
道路を挟んで向かい側には、家系ラーメンで有名な吉村家が見えます。

ランチタイムに訪問したので、『本日の日替わり』と書かれたメニューボードも店頭に置いてあります。
ちなみに、夜は飲み放題プランもあるみたいですね。

店頭のショーケースの中には、見本が置いてあります。
最近は、こういったものはあまり見かけなくなったので、なんだか懐かしさが漂っていると感じました。

ランチメニューは、壁のボードもチェック!

店内に通して貰うと、座席に座ってから注文します。
座席には通常メニューがありますが、日替わりメニューは壁に掛けてあります。

お得なメニューが並んでいるので、忘れずにチェックして下さい!

素朴な中華料理で、また食べたくなる!

八起(やおき)いちおしセットの汁なし担々麺+半チャーハンを注文。

汁なし担々麺

生野菜がトッピングされた汁なし担々麺。

しっかりと混ぜてから食べます。
味は、『温かいゴマダレの冷やし中華』と言った印象。

ごまの風味とひき肉の旨味に、ラー油の辛味が加わった、家庭的な素朴な味わいの汁なし担々麺でした。

半チャーハン

こちらは、セットの半チャーハン。
半チャーハンだけど、お茶碗一杯分ぐらいあり、意外に量は多め。

具材は、玉子にネギにナルトが入っています。
パラパラに炒めてあり、シンプルでありながら美味しいチャーハンです。

グルメサイトで八起(やおき)の評判を見たときに、チャーハンが美味しいと言う口コミを見かけました。
定番の中華料理が美味しいと、他の料理を頼んでも失敗しない安心感があります。

まとめ

外に並んでいるお客さんを見かけることは、あまり無かっです。
でも、店内に入るとお客さんも多く、賑わっていました。

地元で昔から愛されている、なじみの中華食堂として多くの方に利用されている雰囲気の八起(やおき)横浜店でした。

■八起(やおき)横浜店について

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。