どれを食べても美味しい!横浜の中華料理店『一文無(いちもんなし)』に行ってきた!

昔ながらの中華そば『支那そば』が食べられ、値段もリーズナブルな一文無(イチモンナシ)。

小さな中華料理店ですが、どの料理も美味しくハイクオリティ!

今回は、ランチタイムに焼きめしと支那そばを食べて来ました。

一文無(いちもんなし)とは?

一文無(いちもんなし)は、横浜市西区にある中華料理店。
横浜駅からは徒歩15分ほどあり、住宅街の中にある食堂に近い雰囲気のお店。

アルコール類や、中華そば(ラーメン)も提供していて、昼夜ともに人気がり、ランチタイムは並んで待つことがほとんどです。

会計はPayPayの電子決済にも対応していました。

お手頃な価格帯のメニュー

塩そば 780円
支那そば+炊き込みご飯のセットメニュー 1000円
お食事・一品料理メニュー

『焼きめし』と『支那そば』がおすすめ!

焼きめし

茶碗焼きめし 380円

通常サイズの焼きめしよりも少なめな、ハーフサイズの『茶碗焼きめし』。
ラーメンと一緒に食べる際には、この『茶碗焼きめし』の量が丁度いい。

一文無の焼きめしは具だくさんでシンプルな味付けで、非常に美味しい!

支那そば

支那そば 650円

醤油ベースの一文無の支那そば。

あっさり醤油ベースのスープ。
渦巻き模様のナルトも乗っていて、昔ながらの中華そばといった印象です。

細麺がスープに良く絡み、薬味のネギとの相性もバツグン!

厚切りのチャーシューですが、ビックリするぐらい柔らかくとろけます。

まとめ

焼きめしと支那そばがおすすめと書きましたが、料理全般美味しくクオリティの高いお店です。
横浜駅西口から徒歩15ほどかかりますので、お近くに来られれた際は、ぜひ足を運んで見て下さい!

■一文無(いちもんなし)について

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。