味覚音痴(みかくおんち)になりやすい原因

濃い味や油っぽいものばかり食べている。

外食やスナック菓子などばかり食べていると、濃い味付けになれてしまい、繊細な味がわからなくなってしまいます。

また、自宅でも醤油やドレッシング、マヨネーズなどの調味料をかけ過ぎで、濃い味付けが日常化してしまうと味覚の感覚が鈍くなってきます。

そうならないために、外食やお菓子はできるだけ避け、自宅で食事をする際も調味料の使いすぎには気をつけましょう。

病気の可能性がある際には病院へ

風邪やインフルエンザ、最近ではコロナに感染すると味覚障害が出る場合があると言われています。

普段から食生活には気を配っていたのに、突然味覚に違和感を覚えたら病気の疑いがあるので、医師の診断を受けることを進めます。

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。