新たな生活スタイル!nosh(ナッシュ)のヘルシー宅配サービスが低糖質なのに美味しすぎ!

自宅時間が増える中、基本調理不要で食べれるnosh(ナッシュ)のヘルシー・低糖質の食事宅配が注目されています。

ただ健康的な食品を届けてくれるだけでなく、味にもこだわった美味しいメニューにデザートまである充実ぶり!

この記事ではnosh(ナッシュ)の宅配サービスを利用してみた体験談をお届けします。

nosh(ナッシュ)とは?

健康的な食品の冷凍宅配サービス

noshは、管理栄養士と一流シェフによって作られた健康的な食事を届けてくれる宅配サービスです。

  • 定期配送
  • 糖質90%OFF
  • 豊富なメニュー

美味しく便利なサービスで、今注目のサービスです。

注文はインターネットから

noshはメニューが豊富で、

  • メイン
  • パン
  • デザート

と3種類にカテゴリが分けられています。

この中から、欲しい食品を選択して、注文を行います。

配送間隔は、

  • 毎週
  • 隔週
  • 3週毎

から選択できます。

配送スケジュールもネットからいつでも確認できます。

宅配便で受け取り。時間指定も出来る!

配送は佐川急便で届きます。
時間指定も出来るので、安心して注文できます。

パンやケーキを購入すると、意外に場所を取ります。
受け取り予定日には、冷蔵庫のスペースを確保しておきましょう。

電子レンジで簡単調理!

基本調理不要で手軽に美味しい料理が食べられるnosh。

パンやデザートは自然解凍で食べれます。

メインの惣菜料理は電子レンジで約5分から7分ほど温めます。
加熱時間もパッケージに記載があるので、迷うことはありません。

nosh(ナッシュ)のメニューを食べてみた!

大豆ハンバーグとサコタッシュ

nosh初の、肉や魚を使用していないベジタリアンメニュー。

大豆で出来たハンバーグだけど、普通のハンバーグと言われても違和感が無いほど完成度が高い!

ソースはオーロラロース。
ピリ辛濃厚で満足度もバッチリ。

付け合せのサコタッシュとは、アメリカインディアンの伝統料理の一つ。

  • エダマメ
  • スイートコーン
  • 玉ねぎ
  • パプリカ

が混ぜてあり、ハンバーグのソースに合わせて食べると相性バツグン。

ハワイアンな味わいで美味しかったです^^

焼き鳥の柚子胡椒

糖質2.8グラムの『焼き鳥の柚子胡椒』。
noshのメニューの中でも一番低糖質です。

全体的にあっさりした和風の味付けで塩分も控えめ。

でも、柚子胡椒の香りと、ピリッと辛味のある味が美味しい!

ゴロッと大きくカットしてある鶏肉が、食べごたえがありました。

ガーリックバジルシュリンプ

ハワイのB級グルメとして人気の『ガーリックシュリンプ』。

殻が柔らかいエビをまるごと焼いてあるので、そのまま食べれます。

ガーリックとバジルの香りと味わいがエビとの相性が良く美味しい。

副菜の揚げナスやほうれん草も、あっさりした味わいで全体がバランス良くまとまっていました。

バンズパン(4個)

大豆粉がベースの低糖質のバンズパン。
1個あたりの糖質量は2.4グラム。

常温で解凍してそのまま食べれますが、オーブンで焼いてあげると更に美味しくなります!

大豆の香りとほのかな甘味のあるパン。
小麦のパンとは、また違った美味しさがあります。

ロールケーキ ココナッツ(3個)

低糖質のココナッツクリームのロールケーキ。

ふんわり軽い口当たりのクリームで、ココナッツの香りがしっかりあります。

甘さは控え気味ですが、普通に美味しいロールケーキでした!

チョコレートドーナツ(3個)

チアシードとおからが練り込まれたチョコレート味のドーナッツ。

ノンフライの焼きドーナッツ。
チョコのほろ苦さとチアシードのプチプチが良いアクセントに。

低糖質だけど満足できるデザートでした!

まとめ

ヘルシーで健康的な食事というと、薄味で野菜が多く、甘いものは食べないことをイメージする方も多いです。

でも、nosh(ナッシュ)の食品はどれも美味しくて、デザートまで食べれるので大満足!
本当にコレで低糖質なのか疑いたくなるレベルでした。

定期宅配で届けてくれて調理の手間もありません。
自宅で過ごすことが多くなり、外食には行きづらい方にとって美味しくて健康的な料理が食べられるnoshはとても便利なサービスです。

新商品も随時追加され、メニューのリニューアルの頻繁に行われています。
次回届く食品も楽しみなnoshの宅配サービスでした。

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。