賞味期限と消費期限の違いとは?正しく理解して、食品ロスを減らそう

国内で販売されている加工食品には、『賞味期限』と『消費期限』が記載されています。

一見すると同じような言葉ですが、異なる意味を持っています。

ここでは、賞味期限と消費期限の違いについて学んで行きます。

賞味期限と消費期限の違いを確認しよう

賞味期限は『味』の保証をしている期限のこと

賞味期限は、

  • スナック菓子
  • 加工食品

などの比較的長い間食べることができる食品に記載されています。

賞味期限は『味』を保証している期限なので、その期限を過ぎても食べることができますが、風味や美味しさは劣化している可能性があります。

消費期限は『消費(食べる)』ことが出来る期限のこと

賞味期限は、

  • 肉や魚
  • 惣菜
  • お弁当

などの、品質の劣化が早い食品に記載されています。

消費(食べる)ことができる期限のことなので、期限切れの際には注意が必要です。

期限切れ食品は食べて良いのか?

賞味期限切れはある程度は大丈夫

賞味期限が記載されている加工食品は、日持ちするものが多く、すぐに食べることができなくなるものは少ないです。

味が落ちる可能性はありますが、賞味期限が切れているからと言って、すぐに捨ててしまわず、ニオイや味を確認して、問題がなければ食べることができます。

消費期限切れは注意が必要

消費期限の場合は保存状態にもよりますが、出来るだけ期限内に消費するのが安心です。

ただ、消費期限内でも真夏の炎天下に置いている状態と、冷蔵庫で保管している状態は全く違います。

期限内だから安心では無く、正しい保管場所もしっかりと意識しましょう。

まとめ

  • 消費期限までに消費する。
  • 賞味期限は、多少過ぎても大丈夫。

これだけでも覚えておくと、日々の暮らしが楽になります。

たまに『期限切れ食品』を販売しているお店を見かけますが、これは『賞味期限切れ』を扱っているお店です。

これからは、

  • 消費期限
  • 賞味期限

の違いを理解して買い物するようにしましょう。

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。