あじかん焙煎ごぼう茶『ごぼうのおかげ』が美味しい健康茶だった!

あじかん焙煎ごぼう茶「ごぼうのおかげ」。
おいしくて、飲みやすいと口コミでも人気の商品です。

この記事では、実際に「ごぼうのおかげ」を購入し、気になる味や成分について詳しく検証しました。
これからごぼう茶を購入しようと検討している人はぜひチェックしみてくださいね!

あじかん焙煎ごぼう茶「ごぼうのおかげ」とは?

あじかん焙煎ごぼう茶「ごぼうのおかげ」は、株式会社あじかんが販売しているディーバックタイプのごぼう茶です。
ごぼう茶は医者の南雲吉則(なぐもよしのり)先生飲んでいることから話題になり、TVCMや雑誌などでも紹介されることが多くなって来ています。

その中でも、あじかん焙煎ごぼう茶「ごぼうのおかげ」は、
販売累計340万袋突破!
※2019年7月末時点
と、日本で一番売れているごぼう茶メーカーが販売している商品です。

あじかん焙煎ごぼう茶「ごぼうのおかげ」を実際に飲み検証レビュー

ここでは、実際にごぼうのおかげを購入し、

  • おいしさ
  • 成分
  • 使い勝手の良さ

上記3点について検証をしていきます!

【おいしさ】本当に香ばしくておいしいかった!

口コミでも一番多かったのが、味に関すること。
ここでは、急須で約2分間煮出しして、ごぼう茶を飲んでみました。

味は口コミにあった通り、香ばしくておいしいと感じました。
味は麦茶に近く、変なクセもありません。
これなら問題なく飲み続けられると感じました。

【成分】原料は国産ごぼうのみ

原材料はごぼうのみで、産地は青森と茨城県産。他には余計なものが入っていません。

ごぼうのみを香ばしく焙煎しているので、とても良い香りがしました。

【使い勝手の良さ】使いやすく、茶殻まで食べられるのでゴミも少ない。

1回分がティーバッグになっていて使いやすい

一回分がティーバッグになっていて、やかん等で煮出せば、これ1つで約1〜1.2リットルのごぼう茶を作ることができます。
また、コップにそのまま入れてお湯を注ぐだけでも良いので、急須がなくても簡単に作ることができます。

茶殻を料理に使えば、ごぼうの栄養を余すこと無く摂取できる。

あじかん焙煎ごぼう茶「ごぼうのおかげ」はすべてごぼうのみで作られているので、すべて余すこと無く利用できます。

ごぼう茶の茶殻を混ぜて、朝食に利用してみました。

  • 玄米のおかゆ
  • 味噌汁
  • 納豆

すべてにごぼう茶の茶殻を混ぜて食べてみましたが、違和感なく、むしろ、ごぼうの味が加わり美味しくなりました!
この他にもカレーやハンバークなど、様々な量に混ぜ込んでしようできるので、他の料理にも試して見たいと思います。

結論:おいしくて飲みやすい!ノンカフェインで妊婦さんやコーヒーが苦手な人にもおすすめ

実際に飲んでみて、一番驚いたのが、ごぼう茶のおいしさ。
健康のためにごぼう茶を飲み初めたい人が多いのでは無いかと考えていましたが、この味なら飲み物としても十分だと感じました。
原材料がごぼうのみで、ノンカフェインです。
妊娠中の方やコーヒーのカフェインが苦手といった方にも安心しておすすめできます。

まとめ

今回は、あじかん焙煎ごぼう茶「ごぼうのおかげ」の検証結果をお届けしました。

ごぼう茶は医師の南雲先生が健康に良いとテレビで紹介したことから人気になりました。
その中でも、一番人気のある「ごぼうのおかげ」は、本当においしいということを確認できました。
美味しいごぼう茶を飲みたい方はぜひ試して見てくださいね!

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします