FIXITプロテインの口コミは本当?DAILY BASICバニラ味を実際に飲んでみた。

楽天ランキングで上位を獲得した実績のあるFIXITのプロテイン。
おいしい・飲みやすいと言う口コミを多く見かけますが、実際のところはどうなのか?が気になるところ・・・

そこでこの記事では、FIXITが販売しているデイリーベーシックホエイプロテインバニラフレーバーを実際に購入し、味や成分、使い勝手の良さを検証しました!

これからFIXITのプロテインの購入を検討している人はぜひ読んでください!

FIXITのプロテインとは?DAILY BASICについて

FIXITが販売しているDAILY BASICは、

  • 高たんぱく
  • 低糖質
  • 美味しい

と、人気のプロテインです。
また、水に溶けやすく、他のプロテインと比較しても少量の水で作れます。

味は、バニラ・ストロベリー・バナナの3種類から選べます。
購入しやすい値段で楽天ランキングでも1位を獲得した実績のあるプロテインです。

FIXITプロテインを実際に飲み検証レビュー

口コミを調査しましたが、気になるのは実際に飲んだ際の評価です。

ここでは、FIXITプロテインのDAILY BASICバニラフレーバーを購入し、

  • おいしさ
  • 成分
  • 使い勝手の良さ

上記3点について検証をしていきます!

【おいしさ】バニラ味のシェイクみたいに美味しかった!

味に関しては、ホエイプロテインの独特な匂いや味はなく、バニラシェイクのようにとても美味しかったです。
水で作って十分においしく飲めましたが、もう少し甘みが欲しい人は牛乳で作るともっと美味しくなると感じました。

あと、私が試して美味しかったのがコーヒー味です。

インスタントコーヒーを少し入れて混ぜれば、ほろ苦さも加わり、チョコレート風味みたいで気に入りました(笑)
カフェインが苦手な人や、夜寝る前にはおすすめできません。
朝や日中に飲む際に、味に変化をつけたいなと感じたら試して欲しいです。

【成分】タンパク質含有量は80.6%

栄養成分を確認し、計算すると、含まれているタンパク質は80.6%ありました。
一口にプロテインと言っても、タンパク質の含有量は商品によって違いがあります。
一般的に販売されているものは約70%前後のプロテインが多く、女性向けの美容に良いといったプロテインの場合はもっと低い場合が多いです。

FIXITプロテインに含まれているタンパク質は約80%あり、炭水化物や脂質の配合量が少ないので、無駄な栄養は取りたくない人におすすめできるプロテインだと感じました!

【使い勝手の良さ】少量の水でしっかり溶ける

一般的なプロテインだと、水200ccに約30グラムのプロテインを溶かしますが、FIXITのプロテインはその半分の100ccの水でしっかりと溶けて、簡単に作ることができました。
泡立ちも、かなり少ないなと感じました。

パッケージの中にスプーンも入っているので、計量するのもラクラクでした
また、口コミで見かけたパンケーキにしても美味しいという意見があったので実際に作ってみました。

市販のホットケーキミックスにプロテインを混ぜて焼いてみました。
プロテインが混ざると、味に違和感が出るのではないか・・・?
と気になりましたが、食べてみるとバニラ風味が加わり、食べやすい味で、全く違和感は感じませんでした。
むしろ、美味しくて、また作りたい味だと思いました!

結論:FIXITプロテインは、おいしいプロテインを飲みたい人におすすめ!

一番オススメしたい点は、その美味しさです!
ホエイプロテインですが、バニラシェイクのような味で、とても飲みやすいので飽きずに続けることができると感じました。

もちろん栄養成分もFIXITプロテインはタンパク質含有量が80%以上あり、余分な炭水化物や脂肪が少ないので、しっかりと栄養を補給しつつ、余計なものを取る心配がありません。
美味しさと栄養成分も文句のないFIXITプロテインは、おすすめのプロテインだと言えます!

FIXITプロテインを安く購入する方法。LINEともだち限定クーポンを利用するのがおすすめ

私が探した中で、一番安く購入する方法は、FIXIT公式LINE@で友達登録するとクーポンがプレゼントされます。

このクーポンを利用して公式サイトから購入するのが一番安く購入できる方法でした。

まとめ

今回は、FIXITプロテインのデイリーベーシック バニラフレーバーの検証結果をお届けしました。
美味しくて飲みやすいプロテインで、値段もお手頃だと感じました。
もし興味がある方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。