ごぼう茶を飲むと若返る?ごぼう茶の効果や成分についてまとめてみた

ゴボウ茶はゴボウを焙煎して作られた、カフェインレスで香ばしい味わいの健康茶です。

この記事では、ゴボウ茶の健康パワーについて紹介していきます。

ごぼう茶とは?

ごぼう茶はどんな味?

ごぼう茶は、

  • ごぼうを細かく切り
  • 乾燥
  • 焙煎

して作られています。

焙煎した香ばしさがあり、味は麦茶に近い印象を受けます。

生よりもごぼう茶にした方が栄養が増す!

生のごぼうを食べるよりも、焙煎してごぼう茶を作ることによって

  • 抗酸化作用
  • 免疫力
  • 血圧低下作用

の効果が増えることが確認されています。

ごぼう茶の成分や栄養素

カフェインレス

普通のお茶と違い、ゴボウのみから作られているので、カフェインレスで、カフェインが苦手な方でも安心し飲むことができます。

サポニン

サポニンはゴボウの皮に多く含まれているポリフェノールの一種の栄養素です。

これは朝鮮人参にも含まれている栄養素と同じものです。

わざわざ高級食品の朝鮮人参を買わなくても、ゴボウを皮ごと調理すればその栄養を摂取することができます。

食物繊維のイヌリン

  • 不溶性
  • 水溶性

の両方が含まれているので、体の中の余分なものの排出を助ける働きがあります。

特に、水溶性食物繊維のイヌリンは、体の中の有害物質を絡め取り、排出してくれると、注目の成分です。

ごぼう茶の効果や効能

ダイエット効果

ゴボウ茶に含まれているサポニンには、界面活性作用があり、これがコレステロールや脂肪を洗い流してくれます。

脂っこい食べ物を食べるときに一緒にゴボウ茶を飲めば、脂肪吸収を抑える効果もあり、よりダイエット効果が期待できます。

美肌効果

サポニンの効果はまだあります。

余分な脂肪を流してくれるので、肌の皮脂が過剰になりすぎるのを防いでくれます。

また、ゴボウ茶には、

  • 抗酸化作用
  • 創傷治癒作用

があるので、肌をキレイに若々しく保ってくれます。

冷え性の改善

サポニンには地を固める血小板の機能を抑える作用もあり、血液が流れやすくなります。

血流が良くなると、体の隅々まで血液がめぐり、冷え性の改善に繋がります。

免疫力アップ

ゴボウの皮には『防菌防虫作用』があり、外敵が多い土の中で、病気や害虫から身を守っています。

これらの成分は私たちの体の中に入ったときにも力を発揮し、風邪やインフルエンザ菌から守り、免疫力がアップします。

便秘が解消する

ゴボウ茶には、水に溶ける『水溶性』の食物繊維と、水に溶けない『不溶性』の食物繊維が、他の野菜に比べ、豊富に含まれています。

食物繊維には整腸作用があり、便秘解消に期待ができます。

ごぼう茶の作り方

ゴボウ茶を作るというと、ハードルが高いと感じますが自宅で簡単に作れます。

  • ゴボウをキレイに洗い
  • 包丁やピーラーなどで、ゴボウを細かく切り
  • キレイなネットや布の上に広げ天日干し
  • フライパンで煎り
  • 急須に入れて、お湯で煮出す。

これで、家庭でもゴボウ茶を作ることができます。

まとめ

市販品のゴボウ茶も多く販売されていますが、自分で作ったほうがコスパもよく、何より、安心して飲むことができると思います。

もし、毎日コーヒーを飲むことが習慣になり、カフェインの取り過ぎが気になっていたら、ゴボウ茶に切り替えて、健康習慣を身に着けて見てはいかがでしょうか?

【参考・引用資料】

『ゴボウ茶を飲むと20歳若返る! Dr.ナグモの奇跡の若返り術』(出版社:SBクリエイティブ)著者:南雲 吉則

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。