たんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)は女性の味方のノンカフェイン飲料

カフェインの取り過ぎが気になってはいませんか?

カフェインにまつわる話は諸説ありますが、妊娠中や授乳中など、カフェインを避けたい時期もあります。

そこでおすすめしたいのが、たんぽぽコーヒー。

ノンカフェインで、女性の味方になる栄養豊富な飲み物です。
この記事では、たんぽぽコーヒーについて詳しく紹介して行きます。

たんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)とは?

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶は同じもの

販売しているメーカーによっても様々な呼ばれ方がありますが、基本的にたんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶は、どちらも同じものです。

たんぽぽコーヒーを作る際に焙煎(ばいせん)を行うため、コーヒーに似た味や香りが付きます。
そのため、かつてはコーヒーの代用品としても飲まれていたこともあり、たんぽぽコーヒーと呼ばれています。

たんぽぽコーヒーの作り方

たんぽぽコーヒーは、たんぽぽの花や葉ではなく、たんぽぽの根を原料にして作られます。

  • 収穫したたんぽぽの根をしっかりと洗浄し、
  • それを天日干しで乾燥させ、
  • 焙煎(ばいせん)し、香ばしさを加え、
  • こまかく粉砕して、

完成します。

味はコーヒーよりも麦茶に近い印象

たんぽぽコーヒーは、ブラックコーヒーのような味わいを想像されることが多いですが、濃いめの麦茶のイメージの方が近いと思います。

コーヒーと思って飲むと違和感を感じてしまいますが、香ばしいお茶だと思って飲むほうが良いでしょう。

妊娠中や授乳中の女性に好まれている理由

ノンカフェイン

たんぽぽコーヒーは、カフェイン0(ゼロ)のノンカフェイン飲料で、カフェインを取りたくない時期にも安心して飲むことができます。

母乳が出やすくなると言われている

ビタミンやミネラル豊富で、鉄分・カリウムも含まれています。

また、タラキサンシンという栄養素も含まれていて、これが血流を良くし、冷え性の改善も期待できます。

妊娠中や授乳中の方におすすめの栄養素で、母乳が出やすくなると言われています。

まとめ

妊娠中や授乳中は食物が制限されてしまいますが、たんぽぽコーヒーのようにコーヒーの代用品として飲むことができるものも以外に多くあります。

また栄養も豊富に含まれていて、ノンカフェインなので、安心して飲むことができます。

たんぽぽコーヒーをまだ飲んだことが無い方は、試してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。