青いお茶のバタフライピーティーは、目にも優しいハーブティー!

青い色のお茶を飲んだことはありますか?

バタフライピーティーと言って、そのキレイな見た目で今、注目を集めています。

この記事ではバタフライピーティーの飲み方や効果について詳しくお伝えしていきます。

バタフライピーティーとは?

バタフライピーティーは、蝶豆(チョウマメ)の花から作られたお茶のことです。

蝶豆は英語で、バタフライピー(Butterfly pea)と言います。

バタフライピーは青色をした花で、タイでは一般的に生えているマメ科の植物です。

青い色の成分はアントシアニン

青色の成分はアントシアニン。

ブルーベリーが青色なのも、同じアントシアニンが入っているからです。

このアントシアニンがバタフライピーにも豊富に含まれています。

レモンやライムで色が変化する

バタフライピーティーは、中性の時に青色で、アルカリ性や酸性になると色が変わります。

レモンやライムなどを入れると、酸性に傾くので青色から紫色に変わります。

更に酸性に傾くと赤色に近くなるので、レモンを入れる時は少量ずつ入れて色の変化を楽しむことができます。

気になる味は?

紅茶のような味や香りをイメージしている方もいますが、バタフライピーは香りも少なめな、とてもアッサリとしているお茶です。

独特な見た目の色彩を楽しんだり、レモンやライムの香りを楽しむ方が多いようです。

アントシアニンにはどんな効果があるの?

アントシアニンは、ポリフェノールの一種で天然の色素です。

ブルーベリーが目に良いと言われているのも、このアントシアニンが含まれているからです。

青い色からもわかるように、バタフライピーティーにも、アントシアニンが豊富に含まれていて、疲れ目を回復させる期待ができます。

おすすめの飲み方は?

一般的に販売されているのは?

  • 茶葉(ホールタイプ)
  • 粉茶
  • ティーバッグ

で販売されています。

おすすめは茶葉(ホールタイプ)で買うのがおすすめです。

バタフライピーは小さな花なので、茶葉でお茶を入れると、花が咲いて、とてもキレイに見えます。

レモンを入れるのも、色が変わるだけでなく、酸味とレモンの香りが加わり美味しくなります。

まとめ

タイではポピュラーなお茶ですが、日本ではまだ馴染みが無く、初めてバタフライピーティーを知った方も多いのでは無いでしょうか?

世界には様々なお茶があるので、たまには普段と違うお茶を楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。