地産地消に取り組むべき理由やメリットについて

地産地消とは?

地産地消とは、その地域で生産された食料をその地域で消費することをいいます。

例えば、北海道で生産された食料を、地元の方々が普段の食事で食べたり、観光で訪れた人たちが北海道のものを食べたりすることを『地産地消』といいます。

地産地消にはどんなメリットがあるの?

生産者

生産者は地域の直売所で販売することによって、新鮮な野菜を消費者に届ける事ができます。

また、輸送コストを掛けずに販売できるので、安価に販売することができます。

消費者

消費者のメリットは、生産者がわかるので安心して購入することができます。

また、その地域の作物を知り、地元の事を学ぶキッカケにもなります。

環境

物流には多くのエネルギーを消費し、二酸化炭素を多く排出します。

地産地消なら、輸送距離・コストを下げる事が出来るので、地球環境にも優しい取り組みです。

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。