食品ロスとは?食品ロス対策で私たちができること

食品ロスとは?

食品ロスの原因

一般家庭での食品ロスがでる原因は、

・鮮度が落ちて、腐敗した
・消費期限が切れた
・食べきれなかった
などの理由が多く挙げられます。

企業・スーパーなどは、売り切れが出てしまうと機会損失につながるので、あらかじめ多くお弁当などの惣菜を作り、売れ残りは処分しています。

ホテルや飲食店でも同様に、多くの食べ残しを処分しています。

食べ残しや、廃棄処分するほど、無駄に作り過ぎていることが多くの食品ロスの原因となります。

食品ロスは、なぜいけないのか?

日本は多くの食料を輸入しています。
私たちの国は経済力があるので、簡単に多くの食料を集める事ができます。

反面、世界には発展途上国もあり、満足に食事を摂ることが出来ない人たちも大勢います。

本来であれば、その国の人達が食べていたものを輸入しているのに、多くを廃棄処分しています。

地球環境を良くするために、食品の廃棄ロスを減らし、無駄を出さない取り組みをしていく必要があります。

食品ロス対策は、日々の生活の積み重ね

まずは、自分自身の生活を振り返り、食品ロスをしていないか確認しましょう。

食べ残しや、無駄な買い物などを減らして行くことで、食品ロスを減らし、同時に余計な支出も減って行きます。

まとめ

食品ロスをいきなり無くすことは出来ないですが、日々の行動を変えることで、食品ロスを減らすことはできます。

日本には『もったいない』と、物を大切にする考え方が浸透しています。

食物を大切にする気持ちを、これからも大切に育んで行きたいですね。

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。