バナナから紙が作れる!?自然環境に優しいバナナペーパーとは?

松や杉の木から作られる紙が一般的ですが、今回購入したのは、バナナの木から作られた『バナナペーパー』。
あまり馴染みのない紙の種類ですが、地球環境にやさしいと注目されています。

バナナペーパーとは?

バナナペーパーはその名の通り、バナナを原料にして造られた紙です。
バナナと言っても、普段、私達が食べている実の部分では無く、バナナの木の繊維を使用しています。

和紙に近い質感で、コピー用紙などと比較するとすこしザラツキ感があります。

なぜバナナペーパーを作る必要があるのか?

バナナペーパーが主に造られている地域は、アフリカなどの発展途上国です。
バナナペーパーを作ることで雇用が生まれ、貧困問題の解決に力になっています。

また、バナナの木は成長が早く、暖かい地域では原料が豊富にあります。
バナナの木を使用して紙を作れば、森林伐採も減少し自然環境にも優しいことから、バナナペーパーが注目されています。

バナナペーパーの製品は高い?

バナナペーパーを使用した製品は、

  • 名刺
  • ノート
  • ポストカード
  • 卒業証書

幅広く使用されています。
一般の紙と比較すると、まだ値段は高価だと感じました。

そのため、ポストカードや卒業証書などの記念品に多く利用されています。

まとめ

ペーパーレス化を進めようしている企業は多いですが、まだまだ私達の暮らしの中に欠かせない『紙』。
これからも、紙製品にはお世話になると思います。

今まで、バナナペーパーを知らなかった方も、この記事をきっかけに、紙にも様々種類があることを知ってもらえたら幸いです。

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
食に関する知識をお伝えするために記事を書いています。